まつげエクステは美容師法に基づく美容行為

まつげエクステは最初、「美容師免許を持っていなくても出来る」のがウリとして、多くのサロンで実施されていました。 しかしそれも2008年に厚生労働省からの通達で、美容師免許を持つ人以外は施術をしてはいけないと指定されたのです。

これにより、最近はまつげエクステで生じるトラブルも減少しつつあります。 美容行為の一環として認められたまつげエクステですが、法律的な観点から見ても中々難しい面があるようです。

まつげエクステをするためには

まつげエクステをするために必要な資格である「美容師免許」、取得するためには厚生労働省が認可した「美容師養成施設」へ入所するところから始まります。 所定のカリキュラムをこなし、2年間の勉強を経て美容師国家試験を受験、合格すれば晴れて美容師です。 ただしこの時点ではまつげエクステの技術をキチンと習得できている、という人はほとんどいません。 資格を取得、養成施設を卒業した後も更にまつげエクステを学ばなくてはならないのです。

卒業後の進路

免許を獲得し、施設を卒業した後にすること、それは実地研修です。 実際にサロンへ勤めて、まつげエクステを施術するための技術を習得していきます。 美容行為と認定されて以後、専攻して学べる学校も増え、積極的にカリキュラムの編纂に取り組んでいます。

こうした事情のため美容師免許を取得したら、実際のサロンに勤めて現場でまつげエクステの技術を習得していくのが主な流れになっています。

民間資格の存在

美容師免許を取得した後、現場での技術習得の他、民間資格とディプロマなどでまつげエクステを学びます。 これら二つは必須ではないものの、まつげエクステをする上で役立ちます。

養成施設を卒業後、現場経験とこうした資格などを利用してまつげエクステの技術を学んでいくのが自然な流れとなっています。

民間資格

まつげエクステの民間資格は、JLA(日本まつげエクステンション協会)やJEA(日本アイリスト協会)などが実施している検定試験のことを指しています。 一定基準以上の技術を持つ人しか合格出来ないので、技術を証明する目安として役立ちます。

ディプロマ

ボリュームラッシュやアップワードラッシュのような、登場して間もない新技術を学ぶスクールの卒業認定書のことです。 民間資格と比べて技術証明には弱いですが、知識と技術がある旨を意味しています。

美容所として開設

まつげエクステサロンを開業したい場合、美容師免許の他に必要な資格があります。 サロンとして「美容所の開設届」を、保健所に提出しなければいけません。 この際、勤める人間が全員美容師免許を取得していることはもちろん、店舗内の床面積から椅子の台数、店内の採光など、細かく規定されています。 都道府県毎に条件は異なりますので、気になる方は各保健所のホームページをご覧ください。

オーナー自らが取得している必要はない

開業時、オーナー自身が美容師免許の取得を義務付けられてはいません。 施術そのものに参加はせず、あくまで経営するだけであれば、例え免許がなくても、現行の法律では問題ありません。

管理美容師の存在

美容所として開設するに辺り、サロンには美容師の責任者となる「管理美容師」を置かなくてはなりません。 サロンに二人以上の美容師がいる美容所は、例外なく義務となっています。 管理美容師とは、

  • 実務経験3年以上
  • 管理美容師に関する特別講習会の受講し、修了する

上記二つの条件をクリアした人だけがなることが出来ます。 開設者が管理美容師の資格を有している場合、自身が管理美容師にもなれます。

サロン探しの基準に

どのサロンが良いのか分からない、そうお悩みの方はまず始めにサロンが所定の資格をキチンと取得しているかどうか、その確認をすると良いでしょう。 残念ながら無許可で営業しているサロンも少なからずあるので、そうしたサロンでは絶対に施術しないようにしましょう。 まつげという目に近い部分の施術となるので技術はもちろん、店舗として信頼できるかどうかも視野に入れたサロン探しの基準です。

気にしたことがない、そんな方も今一度まつげエクステを取り巻く法律にも目を向けて見てはいかがですか?